興奮度を高める演出を常に考えている

パチンコで最高に楽しいのは大当たりをした時ですが、低確率以外の遊技台では簡単に当たらないので、大当たりをする時間が長くなるほどおもしろいと感じにくいというのが一般的です。この状況を打破するため、大当たりに繋がるような演出を適度に取り入れることで、パチンコの魅力を高めることに努めています。この演出も新しい形式を積極的に行っていますが、似たような内容であると打ち手からすると興奮度が軽減しやすくなるので、飽きてしまうことを避けるためです。以前のような単純な動きだけでは単調過ぎておもしろいと感じる程度が減少する傾向が強くなるため、この状態が継続するとパチンコに対する興味が低下するので、その状況を避けることをパチンコメーカーは重要視しています。

大当たりになりにくい演出でも期待感を持たせる

現在のパチンコはほとんど当たらない演出を多く使うようになっていて、無意味なものを提供しているのでおもしろいとは感じなくなっています。確率的には当選確率の低いものであっても全く当たらないわけではありませんが、近年は他の要素を組み合わせることで経験者であれば結果が推測しやすくなっています。メーカー側は多くの演出を作って打ち手に対して遊技台の魅力を高めようとしていますが、実際は大当たりには繋がらないようなものばかり出されると、つまらないと感じてしまうのは当然の流れです。そのため、長く人気のある遊技台はどのような演出でも大当たりを導き出すような形態になっていて、遊技中は常に集中する必要があることでおもしろい台という印象を持たすようにしています。

大当たりになりにくい演出でも期待感を持たせる

高確率で大当たりする演出を作る

パチンコ台は市場に提供する際に一定の情報提供を行っていて、当選する確率がメーカー側から発表されています。この数値はあくまでも一定の期間内での確率になるので、自分が遊技している時にその数値のままの結果がでるとは限りません。そのため、場合によっては全く大当たりしたいこともあり、そうすると打ち手は台に対する興味を失ってしまうでしょう。この確率問題はメーカーの努力では解決できなくなっていますが、大当たりに直結する高確率の演出を搭載することで、この問題の対処を行っています。これはいつまで待っても大当たりするような雰囲気でなくても、出現するだけで強烈な興奮を生じることができるので、それまでのストレスを発散することができるでしょう。

パチンコは多くの店舗が存在していて、気軽に楽しめることで高い人気を誇ってきました。ところが似たような内容の遊技台が大量に市場に提供されるようになったことで、打ち手が減少傾向にあるのは間違いありません。しかし、技術の進歩とおもしろい遊技台を供給したいというメーカーの意向がある限り、人気が再び高まっていく可能性があるとも言えます。