パチンコのマシン

 

パチンコ店の前には時々、長い行列が作られている場合がありますが、行列に並んでいる人は共通の目的で並んでいる場合もあります。パチンコ店で行列ができることが多いのは、新台入替をする時期です。この時期には、お店側でも新台が入ったことを積極的にアピールして、新台入替と書かれたのぼりが店の前に並べられることもあります。普段はパチンコをやらない人も、このようなのぼりを見て、お店の前に人が多く並んでいるのを見れば、自分でも遊んでみたいと思うこともあるようです。それぐらい新台入替というイベントはお店にとって重要な意味があるのですが、新しい台に入れ替えただけで、普段よりも多くの利用客がつめかけることには、しっかりとした理由があります。

 

新台の人気がある理由

新台入替のときにパチンコ店の前に行列ができるのは、入れ替えたばかりの新台は、通常の台よりも当たりが出やすいと信じられているからです。普段は勝率が悪い人も、このチャンスを狙って、一攫千金を期待しています。新台入替のときに当たりが出やすくなることは、ファンの間では昔から言われてきたことですが、本当に当たりが出やすくなるかどうかは、わからないところも多いのが実情です。玉の出やすさは台の設定によって変えることが可能ですが、設定を甘めにすることで、普段よりも当たりの確率が増加します。行列に並んでいる人も、こうした設定を期待して列に並んでいるのですが、実際に勝てるかどうかはまた別の問題です。

パチンコのゲーム

お店によって異なる対応

新台入替のときに、行列に並ぶ人が期待しているような甘めの設定がされるかどうかは、実際のところお店ごとに対応が異なっています。利用客を集めるために、本当に設定を甘めにしているお店もありますが、全ての新台の設定が甘くされているとは限らない場合もあります。新台を入れ替えるためにはお店側も多額の費用がかかるために、全ての台の設定を甘めにしたら、経営が成り立たなくなるというのが実情です。そのために、一部の新台は甘めの設定がされていても、ほかの新台は通常通りの設定がされている場合もあります。つまり、行列に並んだ利用者が、甘めに設定された新台を選べるかどうかは、運にも大きく左右されるということです。

パチンコ店の前に行列ができることがあるのが、新台入替をしたときです。新台で遊べることだけが理由ではなくて、儲けを期待して店の前に並んでいる人も多くいます。新台は設定が甘めになっていると言われることも多いですが、実際はお店によって対応が異なっています。